2009年4月17日 (金)

ハワイに来ています。

ハワイに来ています。
今日までの旅の写真をホノルルのホテルからアップしました。

Hawaii_007

どうぞご覧ください。
http://beltempo.cocolog-nifty.com/photos/aloha_hawaii_20090414/index.html

| | コメント (0)

2006年12月17日 (日)

来年もぜひ参加したいな。

ホノルルマラソンにご参加頂いた藤江様から
暖かいメールを頂戴しました。

------------------------------------------
高萩 様
岩本 様
大類 様

楽しい旅ありがとうございました。
私たち親子はいつもすれ違いで
生活していましたが、今回
6日間という日を共同できたこと
うれしく思います。
来年もぜひ参加したいな。
これが今の3人の心境です。
ぜひ金曜発の予定を組んでください。
よろしくお願いいたします。

今日は完走証、そして新聞ありがとうございました。

再度申し上げますが、たのしい旅、出会いありがとう
ございました。私たち夫婦はリフレッシュできました。

仕事にまたがんばれるようになりました。
本当にありがとうございました。

高萩さん、げんさん、大類さん疲れたでしょうが
また私たちによい旅を提供してください。

 12月16日 PM9時30分

ほろ酔いの 藤江 裕でした。

Keep_going2006_057_1

-----------------

私達は、旅で何かを見たり、食べたりも大事ですが、
日頃、なかなか時間を共有出来ないご家族が、
旅の間、ずっと時間を共にすることで、

「こんなに長い時間一緒にいたの、久しぶりだね。」
「こんなに色々話をしたの、いつ以来だろう。」

そんな会話をして下さるのが無常の喜びです。

小さな子供さんを持つお母さんにも良く言うのですが、
旅は確かに大変なことも多いけど、母と子が、
こんなに長い時間一緒にいられるだけでも、
子供にとっては嬉しい事だよ、と伝えています。

藤江様と、またホノルルのスタートラインで、
そしてゴールでご一緒できる事を楽しみにしています。

ホノルルマラソンのフルマラソンに参加された皆様、
完走証と現地の翌日の新聞を、金曜日にお送りしました。
まもなくお手元に届くと思います。

記念にして下さいね。

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

ホノルルで出逢った仲間へ。

Photo たった一度の出逢いが、人生を変えることもある。

また、逢いたくなる人がいる。
また、来たくなる場所がある。

旅行ではなくて、旅がしたい。

旅とは、
観光地巡りをすることではなくて、
決められた時間に与えられたことをするのではなくて、

旅とは、
異文化との出逢い。
知らない人との出逢い。
そして、時間を忘れるほどの語り合い。

昨日までは他人だったのに、
たった何日かの「同じ釜の飯」が、
まるで古くからの友人だったような気持ちになる。


 ホノルル空港に着陸した瞬間の感動
 ハワイの空気と風を感じた時の感動
 美味しい!と感じた瞬間
 嬉しい!と感じた瞬間
 この仲間と来れて良かったと思えた瞬間
 応援される感動
 ゴールの感動
 応援する感動
 別れの握手の感動


自宅に帰って日常に戻ると、
無性に皆に逢いたくなる。

また、皆で逢いましょう。

旧友との再会を楽しみに、
お仕事に、家事に、学問に、介護や介助を、
いつもの日常を頑張りましょう。

皆さんの笑顔と元気を、ありがとうございました。
また、お逢いしましょう。


高萩徳宗

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

ホノルルマラソンから帰国しました。

Keep_going2006_021
参加された皆様、おめでとうございます。
全員が完走、完歩。

日本から応援メッセージを頂いた皆様、
ありがとうございました。

昨日午後、成田空港に帰国しました。

現地からリアルタイムで画像をお届けする余裕が
なく、申し訳ございません。

画像は今、整理していますので、もう少しお待ち下さい。
まずはお礼のみで失礼します。

Beltempo_hawaii2006_056_1

市役所前のイルミネーション

Keep_going2006_020

ついにスタートラインまで来ました

Keep_going2006_023

6歳と3歳も10キロを完歩です!

Keep_going2006_057

藤江様ご夫妻、見事です。娘さんは何と3時間台!

Keep_going2006_059

沖縄からご参加の宮里さんもらくらく完走。
フルマラソンは8回目、海外遠征は初。

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

京都の紅葉。

061126_002 京都でお世話になった、夢ツーリストきたみの北見社長から
メッセージを頂きました。

-----------------------------------

北見です。出張の連続お疲れ様です。
先日の京都では誠にありがとうございました。
あの後、亀田さん、笠井さんからお礼のメールが私にまで
届きました。
添付は旅行中の写真です、もし、使えそうな画像があれば
ご活用ください。
また、どうぞよろしくお願い申し上げます。

-----------------------------------

北見さんは京都で20年、旅行のお仕事をされています。
バリアフリーに関しても老舗中の老舗。

その心配りたるや、右に出る人はいません。

北見さんと京都の旅を作っていて、改めて感じた事。

断言します。

シーズンの京都には、決して「ツアー」で行ってはいけない。

もともと大型バスは狭い京都の街には向かない上、
大勢で移動することには、さまざまな不都合があります。

私達が嵐山でみかけた光景は、渋滞で遅れに遅れた
行程の最後に嵐山に来た何十台もの大型バスが、
駐車場に入れずに立ち往生。

喧騒な雰囲気の中、諦めてUターンする車も多数。

聞くところでは、JRのいくつか手前の駅まで戻り、
そこからJRで嵐山に戻る選択を採られたグループも
あるそうです。

当然、滞在時間は短くなるため、観光地全体が殺気立っています。

私達は、

・小さなグループで
・混雑をさけて日程を組み
・時間の幅を大きく持たせています

一般のツアーは数を集めないとどうにもなりませんから、
現場が混乱することはわかっていても、無理な日程を組みます。

ツアーを買う時に、販売店が「このツアー、実際には無理が
あるんですけどね」とは言ってもらえません。

現場で添乗員やバスの乗務員が、その混乱の収束を一手に
引き受けているのが現状です。本当に現場で働く人が可哀想です。

もちろん、半分騙されたような状態でツアーに参加させられた
お客様が最大の被害者です。

ぜひ、一度、ピークの清水寺周辺に行ってみてください。
こんなところに「大型バスで来てはいけない」と判るはずです。

北見さんのような「正直」で「お客様想い」の方と出逢い、
一緒に旅が作れることを本当に幸せに思います。

旅は現地の協力があると、内容の濃さが何倍にもなります。

北見さん、ありがとうございます。
また、春にお逢いしましょう。

夢ツーリストきたみ
http://www9.ocn.ne.jp/~ytkitami/

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

雨の渡月橋

お客様と京都に来ています。

午後から雨が降り始めましたが、ホテルに荷物を置いて
渡月橋まで散策に。

Kyoto061126
日曜日の午後、観光バスでものすごい人出。
渡月橋から見た嵐山もだいぶ色づいています。

散策の後、銭湯をカフェに改造した「嵯峨野湯」へ。

嵯峨野湯
http://www.sagano-yu.com/main.html

ここは今回ご一緒している畑中様のお孫さんが
働いているそうで、他のお客様とご一緒させて
頂きました。

宇治茶が美味しかったです。
写真は畑中さんと素敵なお孫さんです。

Photo

| | コメント (0)

2006年10月19日 (木)

松山港からのメール

たった今、携帯のメールに、高松在住のkeyanさんからメールを頂きました。

車椅子での九州旅行の帰りだそうで、船上からのメールです。

-------------------------------
高萩さん。返信遅くなりました。
熊本・阿蘇・人吉は満喫してました。

馬肉・ラーメンなどを堪能。

だけど別府・大分は時間無かったので車で通っただけです。
それに温泉入ることもできなかったです。

次回の九州では大分・別府・湯布院でゆったりしたいですね。

もうすぐ松山港に着きます。

-------------------------------

おお、九州で温泉に入らなかった。
それは残念です。

車椅子で入れる立ち寄り温泉って、情報が少ないですよね。
情報の交通整理、皆で力を合わせてやらないとですね。

でも、熊本の馬刺し。
美味しかったでしょう。

熊本空港の近くに近所の人で行列が出来ている肉屋さんが
あるのですが、買ってその場で食べたら「旨かったあ」。

今度、九州のB級グルメ、ご案内します。
人吉はいかがでしたか?

keyanさんありがとうございます。

| | コメント (0)

2006年8月21日 (月)

登頂の翌日。

富士山、登山ご参加メンバーの皆様。
おめでとうございます&お疲れ様でした!

今日から仕事の方も、お休みの方も、
筋肉痛、ですよね。

私も大変な事になっております。
無理は禁物ですね~。

そして、応援メッセージを頂きました皆様。
ありがとうございました。
ご来光もばっちりみえ、山頂でお昼寝してきました。

下山がなにより大変だったかも。
まずは登頂のご報告とお礼です。

| | コメント (0)

2006年8月15日 (火)

帰国しました。

カナダから帰国しました。

帰国の前日にイギリスでのテロ未遂騒動。
利用したのがアメリカ系航空会社だったので、
空港は大変な騒ぎ=混雑でした。

関西空港に降り立った瞬間の暑さと湿度。
参りました。

カナダでは朝晩暖炉を炊いていたのがウソのようです。
時差ぼけで変な時間に目が覚めました。

今日は帰国のご挨拶のみで。
不在中にブログにコメント頂いた皆様。
ありがとうございます。

カルガリーで、しっかり42歳を迎えました。

| | コメント (0)

2006年7月24日 (月)

6月のカナダ・プリンスエドワード島

6月に実施したカナダ・プリンスエドワード島の旅。

フォトアルバムの前半がやっと整理できました。
皆様の素敵な笑顔と花いっぱいの島をぜひご覧下さい。
ナイアガラの写真はもう少しお待ちを!

来年も企画しますので、今年いけなかった方。
楽しみになさっていて下さいね。

カナダ・プリンスエドワード島のフォトアルバム
http://beltempo.cocolog-nifty.com/photos/canada/index.html

| | コメント (2)